Blog&column
ブログ・コラム

ロードバイクのチューブの交換方法は?

query_builder 2021/07/01
コラム
blue-and-red-road-bike

「ロードバイクのタイヤがパンクしてしまった時、自分で修理できるの?」
ロードバイクって普通の自転車と少し違ってデリケートそうですよね。
ここでは、インナーチューブの交換方法を見ていきます。

▼ロードバイクとは?
ロードバイクの特徴として、ドロップハンドルがあげられます。前傾姿勢で前面投影面積を減らし空気抵抗を減らす目的です。舗装路走行に特化した細いタイヤが特徴的です。
車体も軽くできておりロングライドも快適です。


▼タイヤの種類
ロードバイクのタイヤに種類は大きく分けて3種類あります。

■クリンチャー
現在もっともポピュラーなタイヤです。インナーチューブの膨らみで機能します。

■チューブレス
インナーチューブを使わない代わりにタイヤ内壁が空気を密閉する構造になっており専用ホイールと共に使用するタイヤ。

■チューブラー
軽量インナーチューブをあらかじめタイヤで包んだ構造で、専用のリムセメントやリムテープで接着・固定するタイヤ。

▼チューブの交換方法
パンクした場合、パンク箇所を修理する方法もありますが水がないと場所の特定が難しく小さな穴は見つけにくい場合もあり、ロードバイクの場合7気圧ほどの高圧が必要なので修理箇所がはがれてくることがありますので、チューブを新品交換することをおすすめします。

傷んだチューブは持ち帰り、練習やトレーナー用として修理しておくのもいいですね。

■タイヤサイズ・バルブ形状を確認する
太いサイズだとタイヤとリムに挟みやすくバーストの原因になります。バルブ形状が同じか、ポンプのバルブ口が使える必要十分な長さが確保できるか、適正なものを準備する。

■空気を抜く
まずは、空気を抜きます。すでに、パンクして抜けきっている場合はタイヤ全周のビードをリム中心へ寄せておく。

■タイヤを外す
タイヤレバーを使いテコの要領でリムの外側へ出るように片側のビードを外へ出します。

■タイヤからチューブを抜く
バルブの対面からチューブを引き抜きます。タイヤ内壁に張り付いてる場合もあるので丁寧にはがしながら取り外しましょう。

■交換用のチューブに空気を入れる
少し膨らんで形を成すくらいまで空気を入れておきます。タイヤの内壁になじみやすくなりリムに挟みにくくなり作業性が良くなります。

■タイヤをはめ、入れ込む
バルブの根元を挟みやすいので最後に確実に確認しましょう。タイヤビードをリムのいちばん凹んだ中央部に寄せながらチューブの挟み込みが無いようにタイヤをはめ込んでいきます。

■チェック、空気を入れる
ねじれや噛みこみがないか全周必ず確認しましょう。あとは規定値まで空気を充填します。ビードが確実にはまっているか、ホイールを回して確認しましょう。まれに1か所上がってなかったり、極端にタイヤが出っ張ってるところもあります。

▼まとめ
チューブ交換ができると単独ライドでの不安もかなり軽減されます。自転車屋のオヤジでも最初はできなかったし、百聞は一見に如かず、時間のある時に練習してみましょう。近所の自転車屋に教えてもらってもいいと思います。タイヤをはめるのに最後は少し力がいるのですが、タイヤを凹みに寄せて偏芯させれば案外簡単です。

まずは怖がらずやってみましょう!

そんなこんなお困りごとに、サイクル工房ソラマメ はわかりやすくご説明します。お気軽にご相談ください。

NEW

  • ノーマスクでのサイクリングってやっぱ・・・

    query_builder 2021/04/25
  • ヴェルデステインの高級タイヤがお買い得です。

    query_builder 2021/02/06
  • 川西市でロードバイクのオーバーホールをするならサイクル工房ソラマメへ!

    query_builder 2021/01/29
  • 電動自転車に子供を乗せるとき

    query_builder 2021/10/15
  • 自転車には様々な種類がある

    query_builder 2021/10/01

CATEGORY

ARCHIVE